トラックタイヤ交換

対応可能トラック

作業スペースの関係で、対応可能なトラックは2トン車程度で、17.5インチまで。
車幅2メートル以内全長6メートル以内高さ3.8メートルまで。
交換来店時の荷台荷物重量は、500キロ以下でお願い致します。

チューブレスタイヤのみ
4t車は対応不可になります。


その他、詳しくはこちら

出張交換対応可能

※出張タイヤ交換は、大田区・品川区・目黒区・渋谷区・港区をメインに、世田谷区・中央区・千代田区・江東区・台東区・墨田区・新宿区・中野区・杉並区も一部対応エリアあり。川崎市の(川崎区・幸区・中原区・高津区)、各区一部可能。

営業時間

タイヤ交換対応時間
9:00~21:00

それ以外の時間は要相談

電話お問い合わせ時間
9:00~24:00

(ほぼ無休)
24時頃まで、気軽にお問い合わせ下さい。
できる限り対応中!



バイク交換できません。

メールでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

kittyoutaiya@docomo.ne.jp

所在地

港区三田5-1-9
太田自動車1F

注:麻布十番方面からの来店、明治通りからの来店の場合、古川橋交差点の高速高架下のすぐ脇道、写真のピザ屋の隣の道を曲がってください。
こちらを通り過ぎると、だいぶタイムロスしてしまいます。

出張作業の場合

出張料金 東京城南地区 1000~4000円
(城南地区とは、 品川区・大田区・目黒区・港区・渋谷区・世田谷区 の場合)
(千代田区・中央区・江東区・新宿区・中野区・杉並区・台東区・墨田区・一部の川崎市、出張交換可)

出張作業の際、当店は、基本、出張代がかかります。

品川区内・品川隣接区は、基本1000円~。 当店の出張サービスカーは品川区から伺います。 ここから 15分程度で移動できる範囲は1000円で伺います。 1000円以下はありません。 必ず、1000円はかかります。

お客様の自宅・勤務先などで、スペースの関係上、交換作業が困難の場合、都合のいい路上などで、待ち合わせて作業する場合でも、基本1000円~の出張代がかかります。

出張代が、0円になるケースは、当店が、その前の作業終了後、その場所から一切動かないですむ場合で、約束時間に必ず来ることが条件になります。

移動時間 15分程度につき、1000円換算になります。

当日の作業依頼は、出張料が割り増しになることもあります。
当日依頼される方は、出張料の確認を忘れずにして下さい。


見積もり時の出張料金は、前営業日終了までに作業予約をした場合になります。
出張費は毎回同じとは限りません。

前日営業時間終了までに予約していただいて、コースを組める時は、できるだけ安くに提示しております。 必ず、1000円~かかります。

当店のサービスカーの一台になります。 そんなに大きくありません。
通常の駐車スペースに収まるサイズです。 ハイエースクラスと同じ程度です。 高さが 270cm あります。

お客様の車近くに止められれば、作業できます。 お客様の車庫が著しく狭い場合、付近の路上に出して頂ければ対応できます。
パンクをした時、スペアタイヤと交換できる程度の広さがあれば、作業できます。
路上での交換は、普通にありますので、問題ありません。


※ 出張作業について

よく、店舗型と同じような品質で交換できるのですかという質問がございますが、 必要な機材はすべて積載しておりますので、ほとんどのことには対応できます。(当店の場合)

ネットなどで購入した 中古品を持ち込んでの作業依頼が、増えてきてますが、それに伴い 不良品の持ち込み数も増えてきております。

店舗型と違い、当店の場合、交換後に問題が出た場合は、また 無償で出張対応しなければならないことが多いので、特に中古品の交換の際は、細心の注意を払って作業しております。

店舗型なら、また 来させればいい的な部分で作業もできますが、当店のような出張型の場合、また出向かなければならないので、これほど無駄なことはありません。
しかし、中古の不良品の場合、簡単に不良場所が発見できるものと そうでないものがあります。

長い時間をかけて エア漏れするようなタイプの場合、交換時に発見できないこともあります。

交換時に、怪しそうなところがある場合、その部分に対してエア漏れのチェックはしますが、当店の料金で、タイヤすべてを完璧にエア漏れのチェックをするのは、不可能です。


小さいエア漏れの場合、素早く完璧にチェックするには、ホイールごと水につけ込むしかありません。
通常のタイヤ交換時に、ここまで エア漏れのチェックをする店は、当店の知る限りありません。

完璧にチェックするとなると、水につけ込んでも それなりに時間がかかります。
外観上、不良がないようなら、バルブ付近のエア漏れと 見た目 怪しそうなところしかチェックしないのが、通常です。


中古品を持ち込む場合、ご理解願えると幸いです。
近年、安易な考えで開業してる、持ち込みタイヤOKの交換店が多くあります。
このような交換店に依頼した結果、考えられないようなトラブルに見舞われること多くあります。

特にガソリンスタンドでの交換には、ご注意願います。

タイヤ購入アドバイス」「空気圧」「ランフラットタイヤ」「タイヤを安く買う」のページの中で、このような店の見分け方の参考を記載してあります。